朝食問題!朝食は食べる派・食べない派?

朝食問題!朝食は食べる派・食べない派?

 

こんにちは、もりーです!!

本日は、常に大議論が行われている朝食についてです。

ダイエットに関する本をよく読むのですが、どこでも出てくるワードが朝食です。

晩御飯についてもありますが、本当に朝食に関しては「結局どっちが正解なの!?」と思います。

 

大前提ではありますが、学齢期(15歳まで)の子どもたちには朝食が必要です。

「早寝早起き朝ごはん」は文部科学省が推進している教育活動の一つです。

成長期の子どもたちにとって朝食はとても大切なこと。

 

これからお話しするのは、成人の大人の方へに向けてのお話です。

 

なぜ朝食を食べるか食べないかで意見が分かれるのか

 

まず、なぜ朝食について大議論が行われているのか。

どちらも納得できる意見があります。

 

朝食は食べる方が良い派の意見

 

  • 朝食で体内時間がリセットされるので食べた方が良い
  • 朝食で体温が上がるので基礎代謝が上がる
  • 朝食を食べると脳が目覚めるので、食べた方が活動的になる

 

朝は起きて、昼は活動し、夜は休む。

そんな人間の生活リズムで体内時計を守るスタイルの意見です。

 

朝食は食べない方が良い派の意見

 

  • 朝食を食べることで消化をしなくてはいけないので眠くなる
  • 朝昼晩の食事三食しっかりとるのはカロリーオーバーで食べすぎになる
  • 朝食を食べないと食欲のコントロールがしやすい

 

体内サイクルを守るスタイルの意見です。

 

朝食を食べた方が活動がしやすかったタイプの人

食べない方が活動しやすかったタイプの人の意見で分かれたのかなと思います。

 

「朝食べないとお昼まで元気が出なくてフラフラする」という人もいれば

「食べない方が眠くもならないし、動きやすい」という人もいます。

 

朝食を食べる派の意見では、消化の良いものを少量だけ。という人もいました。

 

朝食は食べても食べなくても良い

 

 

結果、自分に合った朝を過ごすことが一番良いと思います。

「結局答えはないのか!!」と思うかもしれませんが、そうだと思います。

 

子どもたちに朝食が必要だということは、家族で朝食を食べることもあるでしょう。

子どもが一人孤独に食べるより、家族みんなで食べることがとても大切なのです。

 

私はどちらの意見も聞いた上でどちらも試したことがあります。

 

最終的に私は、その日の体調に合わせた朝を過ごすようにしています。

前日夜が飲み会で多く食べたなと感じたら、朝は食べないようにしたり

夜食べる量が少なければ、朝はお腹が空くので消化の良いものを食べたりと。

その日その日の朝で違います。

 

ダイエットをしていると、朝はこうした方がいい!と決めがちなのですが

決めない方が気楽でストレスにもなりません。

毎日変えるのが苦痛ならば、毎日一緒の朝を過ごすのも良いということです。

ストレスはダイエットにも、健康にも良いことはありません。

ダイエットと健康は紙一重です。

まずは、自分の一番良いと思う朝を過ごしてみてください。

朝食をとるとらないも、どちらも間違ったことはないのです。

 

朝は食欲がないという人へ

 

 

なぜ食欲がないのか。

それは、前日の食事が関係しています。

朝、食欲がない人の夜ご飯は、量が多く朝までに消化ができてない食事の人が多かったりします。

晩御飯の時間が遅かったり、消化に悪いものを食べると起きても食欲は湧いてこないのです。

 

では、どうやってリセットさせるのか。

それは、ファスティングです。

特に半日ファスティングや1日だけのファスティングなら簡単に内臓をリセットすることができます。

 

ファスティングとは?ファスティングをする意味や効果

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

本来の体のリズムとサイクル

 

私が参考にしているのは、この体のリズムとサイクルの時間です。

人間の体内のサイクルは、このようにできています。

これを理解すると、8時間ダイエットに役立ったりします。

私は8時間ダイエットをするときは、必ず摂取と消化の時間で行っています。

 

8時間ダイエットでプチ断食

8時間ダイエットに興味がある方はこちらの記事もご覧ください。

 

 

なぜ夜は太ると言われているのが理解できるサイクルですよね。

 

夜食べたら太るというのは、寝る時間も関係してくるのであまり関係ないのですが、

吸収率が高いのは、午後20:00〜午前4:00なので、食べないに越したことはありません。

 

私は、毎日このサイクルを守っている訳ではないですが、

排泄の時間が守れたら腸がスッキリしている感があるので、正午の12:00までは飲み物だけにしています。

その方が体が軽く、動きやすいのです。

 

自分の体が楽だと思う生活をするのが正しいということがわかります。

 

朝食を食べるか食べないか(まとめ)

 

 

朝食は、食べるも食べないのも自由!!

どちらにもメリットとデメリットがあるので、自分に合った朝食方法を知りましょう。

 

おすすめは、食べる・食べないの中間。

消化に良いものを少量食べることをおすすめします。

 

特におすすめなのが、フルーツ!!

季節に合わせた旬のフルーツは、栄養素も高く体が喜びます。

美味しい旬の果物を朝食に食べると朝の乾いた体にじんわりと果物の甘さと水々しさが染み渡っていくような気分になり、とても幸せな気持ちになれます。

そんな幸せな時間は朝だけだと私は思います。

 

朝お腹いっぱいに食べたい人は、果物を切って食べる。

朝あまり食欲がない人は、スムージーにして飲む。

 

フルーツはこんな風に工夫して摂取することができちゃいます。

 

ぜひ、自分なりの朝食のとり方を見つけてみてくださいね☆

 

アイデアカテゴリの最新記事