ダイエットをする前に読む用。自分自身と向き合う方法

ダイエットをする前に読む用。自分自身と向き合う方法

 

こんにちは、もりーです。

 

今回はどうしても一言では済ましたくないお話とどうしたら自分自身と向き合えるかです。

 

ダイエットを始める前に、ダイエットをする前に。

なぜ痩せたいのか。

それは本当に痩せたいという気持ちなのか。

自分自身と向き合うための記事です。

 

 

痩せていることは正義ではない

 

まだ10代の頃のこと。

痩せることは正義だと思っていました。

デブは悪。デブは甘え。

そう言って自分のことを責めては、痩せていないストレスから食べ物にぶつけてしまうことの繰り返しでした。

なんて悪循環なのでしょう。

SNSではビフォーアフター画像で溢れているのに。

なぜ自分自身は痩せれないのか。

 

今は知識が私を支えてくれているので、その地獄のサイクルからは逃れることができたけれど……。

 

なぜこんなことを書いているのかというと、言葉で傷ついているダイエッターさんがあまりにも多くて。

 

ダイエットに成功したからといって、体重が減ったからといってそれは正義ではない

 

もちろん痩せれたことは痩せる努力をした人の力だし、自信を持っていいと思う。

しかし今まだ痩せれていない人のことを上から悪く言うのは違う。

未だSNSの投稿上で見つけるたびに苦しくなります。

そんな投稿を見たらダイエットをしようとしている方はどう思うか。

デブは悪だと言われたら、やる気を出す人もいるかもしれない。

けれど、もう自分なんてどうせ痩せることなんてできないんだって、自暴自棄になってしまう人もいます。

 

甘えではなく習慣になっているだけ

 

ただ食べ物を口に運ばなければ痩せれるのにも関わらず伸びてしまう手。

学校から家に帰るまでの道では「今日は絶対に帰っても食べないぞ!!」と意気込んでいたはずなのに。

テーブルの上に広がる菓子パン。

飲み物を取ろうと開けた冷蔵庫にはロールケーキやバームクーヘン。

その魅力的すぎる光景に、脳内は思考停止。

甘い飲み物に、甘い食べ物。

味を変えたくなったら、しょっぱい食べ物。

 

そんな幸せの楽園でも痩せたい私にとっては地獄でした。

 

今は全くそんなことをしようとは思わないのは、あれは習慣になってしまっていただけだから。

 

辛いのは三日間、長くても一週間ほど

最初は我慢が必要だけど、気づいたら我慢ではなくなっています。

 

大丈夫。

一度や二度の失敗はやり直すことができる。

 

これが話したかったお話です!!

 

どうしたら自分自身と向き合えるのか

 

 

さて、ではどうしたら自分自身と向き合えるのかです。

 

食欲は自分の思考との勝負です。

食欲に勝った時ダイエットは成功します。

 

ダイエットだけではなくても自分との戦いに勝たないといけない。

まずはその訓練をした上で行うといいのかもしれない。

 

  • 今日は0時に寝よう!と思ったけど、YouTube見るのが止まらない…

でも見るのをやめてみよう!

  • 休みの日だけど、明日は早く起きよう!しかし、起きられなかった。

前日に絶対に起きるぞ!と枕に誓う

  • 三日坊主で終わる…など

三日坊主で終わってしまったら何かバツゲームを考えておく

 

そして、本当に痩せたいのか自問自答することも自分と向き合う方法の一つです。

自分は痩せたくないけど、周りより太っているように見えるから痩せたい。

これは痩せたくないのに、痩せたいって言っているだけだと思っています。

標準体重であれば健康を及ぼすこともないので痩せる必要はありません。

 

そんな自分自身のことがわからない時は、全てこれで解決します

 

 

全 部 紙 に 書 き 出 す ! !

そ し て 読 み 上 げ る ! !

 

それだけです。

暗示

 

最初は怪しくて「効くわけないでしょ〜!」とか思ってましたが、これでは効きません。

効くわけない そう思って効くわけはないのです。

 

まず紙に書き出して、それを読む。たったそれだけです。

 

自分自身と向き合う時間は毎日でもした方がいいです。

人生の質が変わる気がします。

 

ぜひお試しください。

 

 

今回お伝えしたいことは、過剰なダイエットはしてはいけないということです。

危険だと感じることはしないでください。

 

 

 

 

⬇︎ LINE@で更新情報をまとめて受け取ることができます ⬇︎

LINE@はもりーの研究所とMory’s Play Land

一つに統合されています

友だち追加

 

 

体験談カテゴリの最新記事