ファスティングコンサルタントが教える!ファスティングの正しい知識②消化の重要性・スムーズな排泄の大切さ

ファスティングコンサルタントが教える!ファスティングの正しい知識②消化の重要性・スムーズな排泄の大切さ

 

こんにちは、もりーです*^^*

 

今回はファスティングコンサルタントが教える!ファスティングの正しい知識シリーズ第二弾です。

 

その前にお願いがあります。

 

最近、ファスティングもどきなことをしている方を多く見受けます。

準備期間のない突然の断食は体に負担をかけ、無意味な苦しみを味わうことになります。

最もよくないのは、食べおさめと言ってたくさん食べた後に断食を行い、終わるとどか食いをしてしまう行為です。

私もそれは勉強する前に経験済みだから言うのですが、胃に大きな負担をかけます。

ほとんどの人が気分を悪くします。

胃が対応しきれず、驚いてしまうのです。

 

若い体だからこそ、自分の体を大事に。

この先の将来で苦しまないように。

年齢を重ねても年相応の美を得られるように。

今の無理は、後に必ず出てきます。

 

▽▽▽前回の①はこちらから▽▽▽

ファスティングコンサルタントが教える!ファスティングの正しい知識①

 

ではでは、今回は消化の重要性やスムーズな排泄の大切さについてお話しさせてください。

 

消化することの重要性

 

消化するということの重要性はどれほどかご存知でしょうか。

食べたものは消化されて、初めて私たちの体内で様々な動きが可能になります

健康に良いとされているものを口に入れたとしても、咀嚼したとしても、消化不良になっては意味のないことになります。

 

体に吸収されるまでの消化作業が最も重要になるのです。

 

ファスティングではこの消化器官の内臓を休ませることで体の回復を行うということになります。

 

消化と眠気の関係性

 

食後に眠くなるという現象は誰しも一度はなったことありますよね。

それはなぜか。

 

消化にはたくさんのエネルギーが使われているからです。

 

前回、「消化がどれだけ大事なことなのかがわかるだけでも生活の中でとても役に立ちます」と言い切ったのはこの消化の仕組みがわかっていると眠気を感じずに食後の作業がスムーズに行うことができるからです。

この仕組みがわかっていたら、学生時代のあの食後の授業の眠気に苦しまなくて済んだのに……!と思うほどですから。

これは社会人になっても活発的に動くための知識なので頭に入れて置いて損はないでしょう。

 

 

まず、食べ物が胃に入ると血液は消化作業のため消化器官に集中します。

 

 

一般的な食事をしている人は、消化にフルマラソンをするために必要なカロリーに相当するエネルギーを消費しているのです。

これだけエネルギーを消費すれば眠くなるのもしょうがないですよね。

 

 

もちろん血糖値も関係しますので、血糖値を上げない食事をすることも大切になります。

 

▽▽▽血糖値について詳しく知りたい方はこちら▽▽▽

GI値とは?蕎麦に置き換えるだけで痩せる

 

 

では、どう食後の眠気から乗り切れば良いのか。

ポイントは3つです。

 

1.消化に負担のかからないものを選ぶ

 

2.空腹の時間を作る

 

3.体のサイクルに合わせる

 

簡単でしょ!と言いたいところですが、慣れるまでは結構難しいです。

 

消化にエネルギーが割かれることの弊害

 

特に、3つ目の体のサイクルが重要になってくるのですが本来の体のリズムとサイクルはこのようになっています。

 

午前4時〜正午・・・排泄の時間

正午〜午後8時・・・摂取と消化の時間

午後8時〜翌午後4時・・・吸収と利用(同化)の時間

 

あれ、これって……って気づけた方、すごいです。

わかりましたか?

摂取と消化の時間にご注目ください。

 

・・わかりましたか?

正解発表しますね??

 

 

これって、8時間ダイエットの法則と同じなんです。

 

▽▼▽8時間ダイエットの方法はこちら▽▼▽

8時間ダイエットでプチ断食

 

なぜ8時間ダイエットというものが存在するのかがよくわかりますよね。

 

しかし、8時間ダイエットと同じように正午〜20:00までに食事を済ますことができれば、食べ続けることはなくなるので下手に吸収しませんし、排泄もスムーズになりますしで体が楽になっていくのです。

 

お腹が空く前に食べ物をなんとなくで食べてはいませんか?

 

分かりやすく言うと、お腹が鳴る前に食べ物を口寂しさで入れる行為。

それは胃を苦しめている行為です。

消化作業は胃の中で続いているのに、また食べ物が胃の中に運ばれてきたら、あなたはどうしますか?

作業中にまた仕事を頼まれたら、シンプルに疲れてしまいますよね。

胃も同じです。

 

消化作業はフルマラソンと同等のエネルギーを消耗しているのに、更に「走って〜^^」と言われたら「もう走ってるわ!!」って怒りたくなりますよね。

胃も同じです。

 

エネルギーを無駄に消耗させ、胃を休ませずに働かせて、そんな毎日を過ごしていたら体は疲れ切ってしまうのです。

 

ファスティング中はこのような消化作業を行わないため、眠気を感じることはなく集中力が高まります。

(ファスティング中に勉強を行ったら、格段に集中力がアップしたことを覚えています)

 

スムーズな排泄の大切さ

 

スムーズに排泄することの大切さはなんとなく、体のサイクルを見ればわかると思います。

 

午前4時〜正午・・・排泄の時間

正午〜午後8時・・・摂取と消化の時間

午後8時〜翌午後4時・・・吸収と利用(同化)の時間

 

しっかりと排泄の時間を設けられているくらいですから、その重要性が分かりますよね。

かと言ってこの時間に排泄ができないからとストレスになることはありません。

 

なんとなくこのサイクルを頭に入れることだけでまずは十分です。

 

加工食品がスムーズな排泄を困難にする?

 

形のないものは体に悪いと言われていますが、現代の食べ物はほとんどが加工食品です。

収穫された生のままではなく、調理したり保存するための添加物が入っているものがほとんどです。

こうした加熱処理や加工処理された食品は、消化に多大な時間とエネルギーを消耗します

体の機能にはこうした加工された食品たちを処理することを前提としていないからなのです。

美味しく食べるために、保存期間を伸ばすために、みんなが日々努力をされています。

それは素敵なことでもあり、免れないことでもありますが、その中で自分が何を優先したいかだと私は思っています。

 

肥満の原因は、残留物の蓄積です。

肥満になると様々な不調や病気を発症しやすくなります。

排泄がスムーズに行われないことは、健康にとって悪いことしかありません。

 

便秘に悩んだ時に薬に頼るのは最終段階に残し、体のサイクルを意識することから始めてみてはいかがでしょうか。

 

朝ごはんは食べないの?(おまけ)

 

体のサイクルを理解すると、「摂取と消化の時間は正午からということは朝ごはんはどうすればいいの?」と思いますよね。

体のサイクルを考えてみると食べなくてもいいと思います。

食べたとしても消化に良いものを選んで食べることをおすすめします。

しかし、朝ごはんを食べた方が活力になるという方もいますよね。

そんな議論については以下の記事を読んでみてください。

 

▽▼▽朝食についての記事はこちら▽▼▽

朝食問題!朝食は食べる派・食べない派?

 

 

次回は、ファスティングの基本ファスティングを成功させるためのコツを詳しくお話しします。

 

 

 

 

⬇︎ LINE@で更新情報をまとめて受け取ることができます ⬇︎

友だち追加

 

ファスティングカテゴリの最新記事