GI値とは?蕎麦に置き換えるだけで痩せる

 

こんにちは、もりーです^^

 

突然ですが、GI値とはご存知ですか?

GIとは、「グリセミック・インデックス」の略であり、血糖値が上がる速さを示す数値のことです。

この数値が、高ければ高いほど、食事の満足度が低下します。

 

血糖値と体の関係・なぜ蕎麦に置き換えるだけで痩せれるのかを説明します。

 

血糖値を上昇させるとどうなる?

 

血糖値が上昇するとはっきり言って良いことはありません。

ダイエットをしている人にとって血糖値を上昇させるとあとで地獄をみます。

それくらいすぐに空腹に襲われる力を持っています。

血糖値が上がると、食事の満足度は低下し、余計に食べてしまうことになるでしょう。

なぜ、血糖値が上がると食事の満足度が低下するのかというと、血糖値の上がり方が急であれば急であるほど、「脂肪を溜め込まなきゃ!!」と勝手に体は判断し、結果的に「まだ食べれる!」という誤解が脳の中で生まれるのです。

 

血糖値の高い食べ物

 

 

GI値が高いものは、パン類・ケーキ・芋類など…糖質の多い食べ物のこれらは、とても高いでしょう。

白米は炭水化物の中で最も腹持ちが良いのですが、小麦を使うパスタ・うどんも血糖値を上げやすいです。

糖質ダイエットが流行っていたのは、血糖値を上げる食べ物を一切食べないので痩せることができるのです。

炭水化物だけが血糖値の高いものだと思われがちですが、野菜では芋類の他にもにんじんやかぼちゃ

乳製品のアイスクリームや卵も血糖値が高いです。

もちろん菓子類もです。

間食が多い人は、血糖値の高いものを普段から食べている可能性が高いので見直してみると気づくことがあると思います。

血糖値が高い生活を続けると、糖尿病になるので気をつけるに越したことはないです。

 

普通の蕎麦と十割蕎麦の違い

 

特におすすめしたいのが、十割蕎麦です。

蕎麦の効果が思ったよりもあったので、蕎麦について調べると小麦粉蕎麦がほとんどだったのです。

原材料を見ればわかるのですが、小麦粉の入っている蕎麦と完全そば粉の蕎麦があります。

私がいつも買うお蕎麦は、こちらです。

どこのスーパーでも売っているお蕎麦です。

 

断然こっちのが腹持ちが良いです。

 

ダイエットにおすすめの食べ物ですし、ダイエッターの味方だと思います。

 

これに水・緑茶の飲み、食後にコーヒーを飲んだら仕事にも集中できること間違いないです。

眠気も吹っ飛び、蕎麦は重くないのでフットワークも軽くなります。

 

注意したいのが、蕎麦を食べる時のトッピングです。

絶対に避けたいのが揚げ物です。天ぷら蕎麦…ではなく、お店ではとろろ蕎麦を選びましょう。

家にとろろがない時は、パックの納豆がおすすめです。

 

それでも、過去に行われた研究結果では、GI値はダイエットに関係ないと言われています。

もりーの研究所では、実際に私(20代女性)と40代女性で蕎麦の置き換えダイエットを行ってみました。

上記のお話を踏まえ、あることがわかったのでお話したいと思います。

 

蕎麦ダイエットの結果

 

 

  • 「蕎麦」を朝食or昼食に食べる
  • 18時以降の夕食は食べない
  • 昼食の後は、固形物はなし

至ってシンプルな方法で行ってみました。

 

まずは、私の結果をお話します!

※この時の蕎麦は十割蕎麦ではありません

 

なかなか、朝食に蕎麦を食べる気分にはならず。

ほとんどが、昼食に食べる形になっていました。

 

かけ蕎麦・納豆蕎麦を主に食べていました。

(※卵入りの納豆がとても簡単で美味しいのでおすすめです!)

 

私が大きく実感したのが、「蕎麦の腹持ちがすごい!!」ということでした。

 

そして、一週間行ってみた結果。

 

-500gでした!!

何も我慢せずに、ただ蕎麦を選択するだけでこの結果は嬉しいですね。

 

そして、40代女性の結果は-900gでした!!

(※ちょうど2017年7月後半頃に行いました)

 

蕎麦は、夏は冷やしてでも美味しく食べることができますし、冬は温かい蕎麦としても食べることができます。

なので、春夏秋冬関係なく行えるダイエットだと思います。

 

しかし、毎日取り入れるわけではなくGI値の低いものを意識して食べれば血糖値が上昇することはないので、蕎麦でなくても良いのです。

 

取り入れやすく、簡単だったので、今回蕎麦ダイエットを行いました。

 

ぜひ試してみてくださいね。

Missiondiet(ミッションダイエット)カテゴリの最新記事