もりーの研究所 ができるまで

 

こんにちは、もりーです*^^*

 

今回は、もりーの研究所ができるまでをお話しさせてください。

 

21歳の春、とうとう話す時がきたかと。

家族や友人も全ては知らない話。

私のありのままの全てを記しておきます。

 

 

 

当ブログもりーの研究所についてはこちら⬇︎を見ていただければ、大体わかっていただけるかと思います。

 

もりーの研究所について

 

簡単なプロフィールもありますのでまずはこちら⬆︎からご覧ください。

 

もりーの研究所とは?名前の由来

 

名の由来は、私が個人的に自分のことを研究していた時の名前でした。

「え?自分のことを研究?どういうこと?」って思いますよね。

 

ニキビ肌に悩んで、肌荒れ対策について調べたり

痩せたくてダイエットをしたりもしていましたが、最初は美容の研究ではありません。

初期のもりーの研究所は、また別の研究でした。

 

それは、謎の体調不良を改善させるための研究です。

どんな体調不良が起きたのか、まずはそこからお話しさせてください。

 

自分の病を知るまでの道のり

 

小学生の時に過度なストレスで自家中毒(じかちゅうどく)という病気になってしまい、嘔吐ばかりしていた記憶があるせいか嘔吐恐怖症になってしまったのです。

※自家中毒は、幼少期に見られる病で急な腹痛や嘔吐に見舞われる病です

 

ある程度の緊張感は好きなのですが、ちょっとでも自信を失い不安になると気分が悪くなり「吐いてしまったらどうしよう」「誰かに迷惑をかけたらどうしよう」と、どうしようどうしようと不安になります。

そうすると気分が悪くなり、今度は「吐きたくない!」という嘔吐恐怖症が出現します。

今度は、パニックになり息ができなくなるという最悪な流れが出来上がってしまったのです。

 

高校卒業後、私には夢もなくて大学に行く理由がなかったのでフリーターになりました。

まずは色々な経験をして、そこから夢を探そうと思ったのです。

私の性格上、飽きっぽいことには確かに飽きっぽいのですが、この障害が邪魔をして高校生の頃からアルバイトが全く長く続かなく、就職なんて私にはできないと思ったのです。

 

高校卒業後、アルバイトとして入った会社がとても良いところで

唯一効いた薬を常備して、誠心誠意働かせていただいていました。

 

しかし、家の事情で止むを得ず辞めることになってしまいました。

私のこの謎の病(この時はただ自分の心が弱いから、体調が悪くなるものだと思っていました)を理解してくれる先輩がいて、当時の先輩方には一生頭が上がりません。

 

涙ながらに辞めてしまいました。

 

そうこうして落ち着いてきた頃、やっぱり就職をしなくては。

そう思って就職活動を始めました。

 

しかし、夢がない。

どの職に就けば良いのかもわからない。

そんな状況になった時、小中学校の時の文集を読むことにしました。

自分の将来の夢はなんだったんだっけ。

そう思い見てみると

小学生→デザイナー

中学生→ショップ店員

と書いてあったのです。

 

私「なるほど……!!」

 

そんなこんなで、目標を定めて就職活動を始めました。

そうして、派遣社員になることができたのはアパレル業界でした。

 

しかし、すぐに事故に合い骨折して、迷惑をかけることへの罪悪感で挫折。

この頃は本当に不運続きでした。

 

今思えば、治ったらしっかりと謝って働き続けることの方が誠意があることだと思いますが、この頃の私は思考回路がおかしいのです。

 

せっかく認められ、上の方からへのオファーがあった素敵なショップで迷惑をかけたことや不運さに落ち込まない日はありませんでした。

 

眠れない日は続き、体調も悪くなっていく一方。

昔から通っている病院へ行くと、

「自律神経がおかしい。あと考えられるのは、精神科。まずは精神科に行ってみるべきだ」

そう言われました。

 

その頃の私は、頭がおかしいと言われたのだな。

そう思ってしまい、悲しみにくれる日々でした。

 

働かなくてはいけないけど、誰かに迷惑をかける。

でも働かなくては、家族に迷惑をかける。

 

精神科に行ってみよう。

 

一度、行ってみよう。

 

そう思い、有名な精神科を調べ行ってきました。

 

診断されたのは、自律神経失調症&不安神経症(パニック障害)。

 

自律神経とは、様々な神経が24時間働き続けている神経のことです。

交感神経(活動時になると活発になる)と副交感神経(安静時になると活発になる)が、乱れているからこそ起きる状態です。

自律神経の乱れからこのような不安定な状態になっていました。

 

自律神経が乱れていると生きていくのがとても不便です。

 

しかし、改善する方法がわからなくて、改善などほぼ不可能だと思っていました。

 

そんな今はほぼ改善しています。

 

⬇︎ 自律神経の記事はこちら⬇︎

自律神経を整えると人生が変わる【自律神経失調症】

 

三年ほどで改善されました。

一生治らないと思っていた人には言いづらいこの辛さが改善した今はとても幸せです。

仕事で怠いなぁ、と思うことがあってもこの時期のことを思い出すと頑張れます。

 

そんなこんなで、謎の病からしっかりとした病名に変わり、改善策を探す研究を始めるのです。

 

もりーの研究所ができた後

 

それが、もりーの研究所になります。

もりー(私)を研究する場所、もりーの研究所です。

 

SNSアプリに鍵をかけ自分しか見れないようにして、日記を書き始めました。

 

数ヶ月は自分の病はもうどうにもならない。

迷惑をかけながらも生きていこう。

私はしょうがない、だって病気なのだから。

完全諦めモードになってしまい、自分の方向性を探す生活が再開します。

 

眠れないのならば、夜の仕事をしようと思い面接に行ってきました。

 

しかし、私にはできない。

そう思って、面接の途中で逃げ帰るのです。

 

▶︎追記

実は2018年春に一ヶ月のみでしたが、夜のお仕事を体験してきました。

障害が治った今、どうしても過去の自分と決別したかったのです。

ずっと面接だけで逃げてしまったことを心のどこかで悔やんでいました。

 

キャバクラ体験したことを少しですが、こちらに記してます。

⬇︎

(2018/09/23)

 

 

帰り道、情けなくて公園で泣きました。

私には何もできることがないんだ。

 

ベンチに座り、誰にも見られないように泣く平日の正午。

 

……カタカタ

隣でノートパソコンを素早く叩いているスーツを着た男性。

 

「パソコンで仕事か…」

私の家にはパソコンがなかったので、パソコンは学校で使うもの!というイメージが強かったのです。

しかし、中学生の部活動の時“あいうえお”でさえ打ち込めない私を見兼ねた先輩が全て教えてくれて、パソコンの文字を打つ楽しさを知りました。

そして、高校生の頃は商業高校だったのでパソコンの授業があり、複数の資格も持っています。

 

パソコンの仕事なら、家にいてもスキルをつけながら少しは稼げるかも!!

 

涙を拭いて、急いで家に帰り調べ、クラウドソーシングでブロガーさんのお手伝いをさせてもらえることになります。

 

そこから、生活は一変します。

ブログのお手伝いやキュレーションサイトの投稿、興味のある会社へ面接に行き、ライターのお仕事をもらいながらの勉強(見習い)を行いながら、フリーでの活動をするという生活になるのです。

文を書くこと、普段から本を読むことに、商業科で得たパソコンの知識と全てが繋がった瞬間でした。

 

そこで、SNSに鍵をかけた(旧)もりーの研究所に、体調や心の状況を細かく書いて分析するのです。

 

何個かご紹介します。

 

今日は、電車で息がしづらくなった。

【なぜ?】満員電車の中で静かな空間に緊張した

【どう乗り切った?】腹式呼吸をしたら、楽になった

 

 

めまいがして、倒れそうになった。

【なぜ?】生理前だからかも

【どう乗り切った?】深呼吸して、ゆっくりと水を飲んだ

 

 

何の不安感も感じないのに吐き気がした。

【なぜだと思う?】昨夜よく眠れなかったから

【改善法】今日は早めに寝る

 

もっと細かくその日のことを書いたりしていますが、大体はこんな感じでした。

 

そうこうして月日は経ち…

何か困った症状が出れば改善するため調べ、本を読み続けていると自分がどうしたら治るのかがわかってきたのです。

 

「え、もりーの研究所すごくない…?」

 

 

__研究は、成功しました。

 

 

 

それと同時に知識を得ることってすごいなと。

まずは知るという単純な作業でこんなにも改善するのだと感動しました。

 

気がつけば、自律神経を整えるために作った研究所は、ダイエットや美容研究所にもなっていたのです。

何個かご紹介します。

 

痩せたい。

【何kg?】10kg

【いつまでに?】半年以内には

 

 

ニキビが最近よくでるのだけど、なんでだと思う?

【なぜ?】お菓子を連日食べてる!

【治すには?】シンプルに控えよう

 

 

喉が痛い。

【なぜ?】乾燥してるから?

【どうやって治す?】とりあえずは大根ハニーを作って食べよう

 

もりーの研究所は、私だけが研究対象でありながら、どんどん実験を成功させていったのです。

 

もりーの研究所(ブログ)ができるまで

 

 

そして、もりーの研究所(morymolly.com)をどうして作ったのか。

 

それは、飽きっぽい私が唯一の好きなことであり2011年から続いていることがブログだけだったからです。

あるブログサイトに鍵をつけて、もりーの研究所もどきなことを個人的に行なっているブログあるのです。

私の中では、裏ブログと名付けていますが、自分の人生・恋愛のことを赤裸々に書き殴っています。

過去を読み返すと元気にもなるし、見つめ返せるし、新しい発見ができる。

ブログは、楽しい思い出だけではなく、その時その時の感情が生きるように生々しく残る。

未だにそのブログは続いています。

 

そこで、本当に好きなことはブログなんだ!

好きなことでお金を稼ぎたい!と思い2016年にブログのことを勉強し始めました。

 

そこで出会ったのが、このブログを一から教えてくれている方です。

この方がいなかったら今ここで、もりーの研究所はできていなかったと思います。

 

自分の今までの知識と経験、そして今でも勉強し続けていることをアウトプットしていきたい。

 

そう思ったからこそできたブログです。

 

 

健康・美容(人生でも)全ての経験を無駄なく、誰かの為になることがあればこんなにも幸せなことはないです。

 

家族、友人、出会った方々に恩返しができるまで、絶対大きな成功をさせるまで諦めません。

せっかくできた本当の夢です。

やりたいことがどんどん生まれます。

全部一つずつ叶えたいです。

 

まだ物語は終わっていません。

 

 

もりーの研究所で助けられる人が増えることを祈って。

 

 

来年、心理カウンセラーになります。

もりーの研究所の名は使わず、別の場所で活動していく予定です。

しかし、心理学の知識をここでも発揮できるようにします。

 

暗闇から抜け出せない気持ちが心からわかるので、心理カウンセラーとは関係なしにもりーの研究所でも何かしらもりーとして、助けられればと思います。(心理カウンセラーとしてでは二重関係になり兼ねないため)そう言ったことで声をかけていただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

 

2018/02/23

 

 

▶︎追記

2018/03/06 2018/06/24 2018/09/22 2018/09/23